TOTAL COUNT : Counter

Profile

Search


Twitter

Recent Entries

  1. JBL CHARGE4
  2. 一度死んでみた(2020)
  3. 2020.02.29 DJ Dark Castle DJ Setlist
  4. 2020.02.15 Den of Thanatos vol.16 DJ Setlist
  5. 2020.01.10 Birth on Red Star DJ Setlist
  6. 2019.12.29 Den of Thanatos vol.16 DJ Setlist
  7. 2019.12.13 Freaks of the Legend 2019 DJ Setlist
  8. PIONEER XDJ-R1
  9. 2019.10.26 Witch Night -Halloween- vol.15 DJ Setlist
  10. 2019.10.19 時の葬列 方舟の章 vol.6 DJ Setlist

Monthly Archives

2020/03/20

一度死んでみた(2020)

劇場で映画が観たいな、と思ったものの目ぼしい上映中の作品がなかったので、俺にしては珍しくハズレを覚悟で邦画のコメディ『一度死んでみた』を観に行ってきた。

▼More...

2017/12/30

スター・ウォーズ:エピソードVIII - 最後のジェダイ(2017)

昨年の『ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー』同様、年末が差し迫る中、『最後のジェダイ』を観てきた。目論み通り劇場はガラガラ(笑)当たり前だよね。12月30日の夜に映画館に足を運ぶ人なんて、そうそういない。ゆったりと鑑賞できた。

▼More...

2016/12/30

ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー(2016)

年末が迫る中、このタイミングなら劇場も空いてるだろうと思ってスター・ウォーズのスピンオフ作品『ローグ・ワン』を観てきた。本作はエピソードIVに繋がる直前の物語。

(以下、ネタバレ全開なので未見の方は閲覧を避けてください)

▼More...

2016/07/30

シン・ゴジラ(2016)

いつまでもルビの死を悲しんで家に引きこもっていても仕方がないので、気分転換も兼ねて公開翌日というタイミングで『シン・ゴジラ』(2016)を早速観てきた。

▼More...

2016/07/24

第九回ハマー・フィルム研究会

魔人館のKAZさんが主宰する我々ハマー・フィルム研究会。顧問だった石田一さんは亡くなられてしまったけど、ハマーホラーの火消すまじ!と活動は継続されている。で、今回のハマー・フィルム研究会は再び僭越ながら私が講師と配布テキストの作成を務めさせてもらいました。今回はいつものメンツに加えて、ゴス方面からの私の知り合いの方々も来て下さり、本当にありがとうございました。

前に講師を務めた時『血ぬられた墓標』(1960)をメインにやったけど、今回はハマーのカルンシュタイン三部作と『鮮血の処女狩り』(1971)をテーマに、再び女吸血鬼が題材。

▼More...

2016/01/07

スター・ウォーズ:エピソードVII - フォースの覚醒(2015)

劇場公開初日に観に行く気まんまんで、チケットも取っていた『フォースの覚醒』。結局、公開初日の夜に会議が入ってしまってチケットは会社の後輩に譲ることに。で、結局忙しくて年が明けてしまって、ようやく本日観に行くことができた。

▼More...

2015/02/15

こわがることをおぼえようと旅に出た男

フランク・ザッパとクリストファー・リーのこわがることをおぼえようと旅に出た男 (C/W ライザ・ミネリのえんどうまめとお姫さま)

ネットをふらふら彷徨っていたら、こんなDVDに行きあたったので、とりあえず購入してみた。

▼More...

2015/01/11

ホビット 決戦のゆくえ(2014)

『ホビットの冒険』三部作、遂に完結!指輪物語の『旅の仲間』から数えれば何と足掛け13年!終わってしまうのが名残惜しくはあるけれど、劇場に観に行ってきた。

▼More...

2014/11/30

第七回ハマー・フィルム研究会

魔人館のKAZさんが主宰するハマー・フィルム研究会。Skypeで石田一さんも参加されている、かなり濃い集まりなのだけど、今回のハマー・フィルム研究会は僭越ながら私が講師と配布テキストの作成を務めさせてもらった。

テーマは「ハマー・フィルムのライヴァルたち」と題して、AIPやアミカス、タイバーンといったハマーと同時代の怪奇映画製作会社の作品達を取り上げることに。アミカスの長編作品『怪奇!二つの顔を持つ男』(1971)と、タイバーンの『ブラッディ/ドクター・ローレンスの悲劇』(1975)、そしてメインはマリオ・バーヴァの『血ぬられた墓標』(1960)『吸血鬼ドラキュラ』(1958)の比較といった構成。

▼More...

2014/08/17

キャリー(2013)

観たい、観たいと思ってた『キャリー』(2013)をレンタルして観た。『キャリー』と言えば、ブライアン・デ・パルマの1976年版が強烈な出来栄えだっただけに、どうしてもそれと比較されちゃうのが辛いところ。

▼More...

2013/05/26

ホラーワールド vol.2

本日2013年5月26日は、ピーター・カッシングの生誕100周年。まさに100年前のちょうど今日、ピーター・カッシングがこの世に生を受けたわけです。そこで、それを記念して魔人館が主催したホラーワールド vol.2に行ってきた。

このイベントは日本SF作家クラブ等の協力を得て、作家の菊池秀行氏と井上雅彦氏、そして我らが石田一氏がピーター・カッシングについて熱くトークを繰り広げるという、何とも楽しい催し。勿論、集まったお客さんも皆濃いホラー・ファンの方々ばかり。

▼More...

2013/04/09

吸血鬼ドラキュラ(1958) レストア版

ここのところ怪奇映画マニアの間で持ち切りなのがハマーの記念すべき吸血鬼映画の第1作目にしてドラキュラ映画の金字塔である『吸血鬼ドラキュラ』(1958)のレストア版。本国イギリスで先日発売されたBlu-ray+DVDの2枚組に、幻とまで言われ続けた日本公開版のフィルムが収められておるわけです。

▼More...

2013/01/02

ホビット 思いがけない冒険(2012)

昨年末から公開されていた『ホビット 思いがけない冒険』を観てきた。勿論これは、『指輪物語』の前作にあたる小説の映画化作品で、監督・スタッフ・キャストは『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の面々。

▼More...

2012/04/07

SPEC~天~(2012)

TVドラマ『SPEC』の劇場版、『SPEC~天~』を観てきた。邦画嫌いの俺は、何と劇場で邦画を観るのは人生2回目。ちなにに1回目の映画は『ゴジラ』(1984)だったり(笑)

俺は一話で完結しないのが嫌で、ドラマも滅多に観ない。けど、これは意外とシリアスとコメディのバランスが良くて、何となくハマッて見てた。

▼More...

2012/01/08

レゴ スター・ウォーズ パダワン・メナス(2011)

わはははは。『レゴ スター・ウォーズ パダワン・メナス』買っちゃった(笑)レゴブロックのキャラ達がスター・ウォーズの世界ではしゃぎ回るこのシリーズ。いやー、好きなんだよな、これ。ゲームもPS2版、PSP版と2度もやってるのに、更にPS3版も買っちゃおうかどうしようか、本気で悩んでるくらい。

▼More...

2011/08/21

機械じかけの小児病棟(2005)

『機械じかけの小児病棟』をレンタルして観た。スペインのホラー映画ってことは知ってたものの、特に何の予備知識もないままとりあえず再生。うむ、何と言うか、色々と惜しい感じのする映画だった。

▼More...

2010/08/05

TSUTAYAで一気にブルーレイ!

TSUTAYAのキャンペーンで、指定された2,500円のブルーレイの商品が、不要なDVDを1枚持っていくと1,000円で買取りとなって事実上1,500円で購入できるというのをやっている。

こりゃスゲエ!先日PS3を買ってブルーレイの視聴環境もできたし、今までDVDで持ってたのを一気にブルーレイに買い換えるいいタイミング!早速いらないというか、ブルーレイに切り替えたいDVDを掻き集めてみる。

▼More...

2010/05/20

ハムナプトラ 失われた砂漠の都(1999)

レンタルで『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』を観た。この作品、当初はユニヴァーサルの『ミイラ再生』(1932)のリメイクという触れ込みだったような気がするけど、全然別モノだった。まあ、そんな噂を耳にしてたから、今まで観てなかったんだけども。

なので、本家サイト側で怪奇映画として取り上げずに、ブログの方で気軽に感想をつらつらと。

▼More...

2010/05/15

ウルフマン(2010)

『ウルフマン』を観てきた。ローレンス・タルボットの名が再び銀幕に甦る!でも、予告編をちらりと見た感じだと、オリジナルの『狼男』(1941)とはちょっと違う様子。一抹の不安を抱えながらも劇場へGO!

▼More...

2010/05/04

タイタンの戦い(2010)

『タイタンの戦い』を観てきた。言わずもがなの『タイタンの戦い』(1981)のリメイク作品。レイ・ハリーハウゼンのダイナメーションが3DCGで甦るとくれば、こりゃ劇場に行かねばなるまい。と、今回も頑張って3Dメガネonメガネで鑑賞。

3Dに関しては、先日観たティム・バートンの『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)よりもヘボかった(笑)まあ、単純に慣れただけかもしれないけど。

▼More...

2010/05/02

アリス・イン・ワンダーランド(2010)

『アリス・イン・ワンダーランド』を観てきた。3Dメガネonメガネで。二重メガネなんて、絶対に見にくいだろーなあ。なんて思ってたら、思いのほか苦ではなかった。

TVCMやポスターでは、ジョニー・デップのマッド・ハッターが前面に出てるかのような印象を受けてたんだけど、映画本編はちゃんとアリスが主人公だった(笑)『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』(2007)の時みたいに、デップが映画をぐちゃぐちゃ引っ掻き回し過ぎるとうっとおしいな、と思ってたから、とりあえずは一安心。

▼More...

2007/06/03

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド(2007)

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』を観てきた。前作が思いっきり「つづく」って終わり方だったから、期待は膨らむ一方。とは言え、既にCMじゃジョニー・デップ出てるし、前作で死んだと思われるジャックが甦るのはもう、周知の事実(笑)

▼More...

2006/08/22

模倣犯 (2002)

宮部みゆきの代表作にしてベストセラー『模倣犯』をケーブルテレビでやっていたので観てみた。基本的に邦画嫌いな俺にしちゃ珍しいけど、原作がとにかく面白かったので番組表で見かけてから、ずっと楽しみにしてた映画。

ところが、事前にネットの評判を見るとこれがまた最悪。原作既読者も未読者も一様に駄作だと切り捨ててる。こりゃ、余り期待はできそうにないな、と覚悟して観た。

▼More...

2006/08/19

レイクサイド マーダーケース(2004)

ちょっと前にケーブルテレビでやった時に録画しておいたのを観た。原作は東野圭吾の『レイクサイド』。小説はかなり舞台劇向きの構成だったので、それがどう映画化されるのか興味があった。

▼More...

2006/07/17

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト(2006)

カリブの海賊再び!世間より一足先に先行上映で『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』を観てきた。

この映画、勿論あのディズニーの「カリブの海賊」をモチーフにした『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』(2003)の続編。ディズニーランドで一番好きなアトラクションが「カリブの海賊」である俺としては、そりゃ観に行かないわけがない。とか言いつつ、俺は前作を観ていない(笑)

というわけで事前に『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』をレンタルDVDで予習。ジョニー・デップの人をくったようないかがわしーい海賊スタイルに大笑い。期待に胸を膨らませていざ劇場へ!

▼More...

2006/03/11

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女(2005)

『指輪物語』と比較されることの多い『ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女』を観てきた。

▼More...

2005/11/03

コープス・ブライド(2005)

『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』に続く、ティム・バートンのストップモーション作品『コープス・ブライド』を観てきた。

▼More...

2005/09/10

ドイツ時代のラングとムルナウ

有楽町朝日ホールで行われた映画祭「ドイツ時代のラングとムルナウ」へ行ってきた。

▼More...

2005/08/14

スター・ウォーズ:エピソードIII - シスの復讐(2005)

ようやく、ようやく、『シスの復讐』を観てきた。『ファントム・メナス』も『クローンの攻撃』もイマイチだった俺としては期待半分、不安半分。過去の三部作と、どう折り合いをつけるのか。ただのエロガキだったヘイデン・クリステンセンは立派に(笑)ダース・ベイダーになれるのか。観る前から既にドキドキハラハラ。

▼More...

2005/04/29

血を吸う箱DVD BOX

買ってしまった。血を吸う箱。英国ハマー・フィルムの『吸血鬼ドラキュラ』の強い影響を漂わせる国産吸血鬼シリーズである。ゴシック・ホラーを我が国日本の風土に置き換えたこの「血を吸う」シリーズは和製ドラキュラ、岸田森を生み出し・・・とマニアックな解説は個々の映画レビューの際にでもするとして(笑)

このDVDボックス、初回限定ボックスには特典がついてる。今30歳以上の人なら「あー!あった、あった!!」と膝を打つであろうその特典とは・・・


カンオケバンク!!(爆)

▼More...

2005/01/29

オペラ座の怪人(2004)

俺にしては珍しく、劇場公開初日に『オペラ座の怪人』を観てきた。

これ、原題は"Andrew Lloyd Webber's The Phantom of the Opera"。つまりは日本では劇団四季公演で御馴染みのアンドリュー・ロイド・ウェーバー版ミュージカルの映画化作品!!ウェーバー本人も映画のプロデュースに携わり、彼作曲の「オペラ座の怪人」のテーマ曲も使われていて、まさにミュージカルの完全映画化作品!!

▼More...

2004/02/28

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還(2003)

『指輪物語』遂に三部作堂々の完結!!『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』を観てきた。

▼More...

2003/03/05

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔(2002)

指輪物語の第二部、『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』を観てきた。とりあえず『ロード・オブ・ザ・リング 2』じゃなくて一安心(笑)

▼More...

2003/02/07

ハマー・トークライブ

新宿ロフト・プラスワンで行われた菊地秀行&石田一両氏のハマー・トークライブに行ってきた。ハマーの金字塔『フランケンシュタインの逆襲』『吸血鬼ドラキュラ』の国内盤DVD発売を記念したこの豪華な組み合わせ。行かなきゃ怪奇映画ファンじゃない。

▼More...

2002/11/10

カリガリ博士(1920)

阿佐ヶ谷にある居酒屋あるぽらんで行われた活動写真ライブで『カリガリ博士』を観てきた。

▼More...

2002/07/29

スター・ウォーズ:エピソードII - クローンの攻撃(2002)

激しく駄作だった『ファントム・メナス』から3年。『クローンの攻撃』を観てきた。期待はしてなかった。もう、ルーカスは才能が枯渇したと思ったから。

▼More...

2002/07/07

オペラの怪人(1925)

阿佐ヶ谷にある居酒屋あるぽらんで行われた活動写真ライブで『オペラの怪人』を観てきた。

▼More...

2002/03/10

ロード・オブ・ザ・リング(2001)

J・R・R・トールキンの不朽の名作遂に完全映画化!!『ロード・オブ・ザ・リング』を観てきた。

▼More...

2002/02/01

血塗られた墓標(1960)

東京国立近代美術館フィルムセンターで行われたイタリア映画大回顧で『血塗られた墓標』を観てきた。

▼More...

2001/01/04

ホワット・ライズ・ビニース(2000)

ロバート・ゼメキスがヒッチコックへのオマージュとして作った映画『ホワット・ライズ・ビニース』を観てきた。

▼More...

2000/07/30

M:I-2(2000)

トム・クルーズのトム・クルーズによるトム・クルーズのためのプロモーション映画、『M:I-2』を観てきた。もう、「スパイ大作戦」だなんて忘れ去るほどド派手なアクション映画だった(笑)

▼More...

1999/09/30

マトリックス(1999)

友人が余りに面白い、面白いと絶賛するので『マトリックス』を観てきた。この手の映画って、映像はスゴイけど内容はない!みたいな。どうなんだろうなあ?と半信半疑で行ってきた。

▼More...

1999/08/29

スター・ウォーズ:エピソードI - ファントム・メナス(1999)

遂に幕を開けたスター・ウォーズ新三部作!!『ファントム・メナス』を観てきた。何度も何度もビデオを繰り返し見て育った俺は期待で胸一杯!!もう、劇場に並んでいる間から興奮状態!!

そしてジョン・ウィリアムズの御馴染みのテーマ曲と共にスクリーンに浮かぶ「EPISODE I」の文字!!鳥肌が立つ。感動!!

▼More...
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | All

Flickr

Recommend

Links