TOTAL COUNT : Counter

Profile

Search


Twitter

Recent Entries

  1. JBL CHARGE4
  2. 一度死んでみた(2020)
  3. 2020.02.29 DJ Dark Castle DJ Setlist
  4. 2020.02.15 Den of Thanatos vol.16 DJ Setlist
  5. 2020.01.10 Birth on Red Star DJ Setlist
  6. 2019.12.29 Den of Thanatos vol.16 DJ Setlist
  7. 2019.12.13 Freaks of the Legend 2019 DJ Setlist
  8. PIONEER XDJ-R1
  9. 2019.10.26 Witch Night -Halloween- vol.15 DJ Setlist
  10. 2019.10.19 時の葬列 方舟の章 vol.6 DJ Setlist

Monthly Archives

2011/08/07

Alice Madness Returns

普段は中古でしかゲームを買わない俺が、久々に発売日当日に新品で買ったAlice Madness Returnsを本日クリアした。不満点も多々あるけれど、いやー、面白かった。これは、PCゲームだった前作Alice in Nightmareから10年前振りに発売された続編で、強烈に狂った世界を舞台にアリスが戦いを繰り広げるアクション・ゲーム。

Alice Madness Returns
エレクトロニック・アーツ
発売日:2011/07/21
販売価格:7,665円

アリス自体がゴシック的な演出と相性がいいのは、ティム・バートンの『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)でも描かれた通り。だけど、本ゲームの狂気の度合いはバートンの比じゃない。なんてったって、このゲーム、CEROレーティングZ。つまり18歳未満は購入不可。

そのかいあって(?)、少女売春を仄めかす台詞や残酷描写、そして極めつけは・・・これはネタバレになるので自粛。まあ、とにかく本作の世界観の壊れっぷりったら素晴らしい。ゴスな人にはたまらなく居心地のいい世界。独特のダークな美意識に基づいた、不条理な世界。そんなグラフィックの中をアリスになって歩き回るのは、中々楽しい体験。

けど、残念ながらこれ、ゲームとしてはちょとツメが甘い。世界観の創出に力を入れすぎたのか、どうもゲームが単調。全5章とラスボス戦からなるゲーム・ボリュームはほどよいんだけど、各章の中がメリハリに欠けて中だるみする。謎解きのギミックも、同じようなものが繰り返し何度も出てきたりと、ゲームとして見るとすっごく惜しい。

それでも、ダークな世界観やゴシック趣味溢れるデザインセンスが楽しくて、やっぱり例によって例のごとくトロフィー・コンプ。収集系のトロフィーがめんどくさかったけど、それ以外はスムーズに取れてストレスも特になし。久々に直球ストライクな感じのゲームだった。


無事トロフィー100%達成。

Flickr

Recommend

Links