TOTAL COUNT : Counter

Profile

Search


Twitter

Recent Entries

  1. PlayStation4
  2. クエイ兄弟 - ファントム・ミュージアム
  3. VAIO S11
  4. M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
  5. メインPCドライブ増設
  6. Sol Republic TRACKS AIR
  7. 馬肉会 at 馬肉バル 跳ね馬
  8. 2017.04.16 GOTHIC DJMIX
  9. Aphrodite ワンマンライブ Eveil de la conscience
  10. Sony Xperia X Compact SO-02J

Monthly Archives

2016/08/13

りぶちょふ・ごしっくすきー

ルビがこの世を去って、四十九日も過ぎたけど、12年の歳月はあまりに長すぎて、心が全く癒えない。それどころか、鬱状態になってしまって夜も眠れなくなってしまって、薬を服用して無理矢理会社へ行かなくちゃならない始末。このままではいけない、全然前向きになれないし、自身の生きている意味を完全に見失ってしまった。

そこで、ルビを忘れたわけじゃないし、心が癒えたわけじゃないけど、新しい家族を迎えることで前向きになれるかなと思って、子猫を保護しているNPO団体から里親募集で再び猫を飼うことにした。

里親になったのは、ルビと同じく黒猫の女の子。外見が似ていれば似ているほど、ルビを思い出してより辛くなるんじゃないか、性格の違いとかで違和感を覚えるんじゃないかとも相当に悩んだんだけど、それでもやっぱり黒猫以外に選択肢はないな、と。

引き取ったのは大塚にあるNPO法人、東京キャットガーディアン。猫を飼うにあたっての面談や心構え等の同意書の提出が必要だけど、12年も飼っていた実績があるので面談は特に問題なし。

早速、沢山いる子猫たちの中から黒猫の女の子を見て回る。気になったのは、およそ生後3週間で保護された推定0歳3ヶ月の子。なんとなく、顔つきがルビに似ていたのが気に入って引き取って来た。一方でルビはジャパニーズボブテイルと呼ばれる短い尻尾だったけど、この子は尻尾が長い。

で、自宅に戻ると、緊張しまくり。警戒しまくり(笑)まあ、これはルビも最初はそうだったから、今に慣れてくれるでしょう。名前はルビ(Luvi)をもじってリヴ(Liv)と命名。とりあえず、これで俺が生きる意味はもうしばらく延長されたし、これから子猫との楽しい格闘の日々が続くんだろうなあと思うと、ちょっと楽しみで生活に張りが戻りそう。

Flickr

Recommend

Links