TOTAL COUNT : Counter

Profile

Search


Twitter

Recent Entries

  1. PlayStation4
  2. クエイ兄弟 - ファントム・ミュージアム
  3. VAIO S11
  4. M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
  5. メインPCドライブ増設
  6. Sol Republic TRACKS AIR
  7. 馬肉会 at 馬肉バル 跳ね馬
  8. 2017.04.16 GOTHIC DJMIX
  9. Aphrodite ワンマンライブ Eveil de la conscience
  10. Sony Xperia X Compact SO-02J

Monthly Archives

2014/08/17

キャリー(2013)

観たい、観たいと思ってた『キャリー』(2013)をレンタルして観た。『キャリー』と言えば、ブライアン・デ・パルマの1976年版が強烈な出来栄えだっただけに、どうしてもそれと比較されちゃうのが辛いところ。

かくいう俺も、ついつい1976年版と無意識に比較しながら観ちゃったけど、全体としては伝説のクソリメイク作品『サイコ』(1998)みたいなガッカリな出来栄えではなくて一安心。デ・パルマを超えることはできてないものの、まあ、及第点には達しているんじゃないでしょうか。

キャリーを演ずるのは『キック・アス』(2010)の、っていうか、新生ハマーの『モールス』(2010)のクロエ・グレース・モレッツ。んー、このキャスティングは好みの分かれるところ。やっぱりキャリーと言えばシシー・スペイセクなわけで、あの神経質そうで幸薄いルックスがドはまりだったわけで。だから、最初は「随分とやぼったい娘だねえ」なんて思ってたキャリーが、プロムに誘われて輝きだすとどんどん感情移入していっちゃって、そこから一転してのクライマックスが効果的だった。それがクロエ嬢じゃ、「いや、元から十分可愛いし」と、効果半減。うがって考えると、引っ込み思案ではあるものの本当は美人であるが故に、より女友達からいじめられる、みたいな陰湿なことも考えられなくもないけども。

キャリーのいじめがスマホで録画されたり、ネットに拡散されたり、学校がいじめ対策に積極的に関与しようとしたりするあたりは現代風にアレンジされてはいるものの、ストーリーはスティーブン・キングの原作、1976年版をほぼなぞってる。その一方で、キャリーが超能力をかなり意識してコントロールできている点が、1976年版との一番の違い。

この違いは特にクライマックスで顕著で、キャリーは意識的に復讐する相手を選別してる。キャリーを気にかけてくれていた女教師はちゃんと助けるし、いじめてた相手にはしっかり復讐。これも賛否両論かな。1976年版では感情の爆発によって超能力が暴走していたのに対して、これじゃただの復讐行為で非常に論理的でイマイチ。

でも、俺としてはもっとダメダメな出来と覚悟していたので、意外と楽しめたかな。クロエ嬢かわいいし(それかい)。

Comments

kihitoさんと全く同感です。デパルマ超えではないけど結構面白かったです。
やはり76年版のいじめっ子たちのほうが憎たらしかったような気がしますし、キャリーのお母さんも76年版のほうがもっと狂気じみていて怖かったかなあ。

  • from : カーミラ
  • 2014年8月20日 13:00

>カーミラさん
うんうん、76年版はこのおかげで
いじめっ子役のナンシー・アレン自体を嫌いになっちゃうくらい
もう、本当に憎ったらしくてね(笑)

お母さん役のジュリアン・ムーアは健闘してたけど
自分の足に針?をさしちゃったりするあたり
狂信的なキリスト教信者っていうより
病院に入院した方が・・・って感じがちょっと。

  • from : kihito
  • 2014年8月21日 17:51

Flickr

Recommend

Links