TOTAL COUNT : Counter

Profile

Search


Twitter

Recent Entries

  1. PlayStation4
  2. クエイ兄弟 - ファントム・ミュージアム
  3. VAIO S11
  4. M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
  5. メインPCドライブ増設
  6. Sol Republic TRACKS AIR
  7. 馬肉会 at 馬肉バル 跳ね馬
  8. 2017.04.16 GOTHIC DJMIX
  9. Aphrodite ワンマンライブ Eveil de la conscience
  10. Sony Xperia X Compact SO-02J

Monthly Archives

2013/03/06

Lego The Lord of the Rings

レゴブロックのキャラクター達で映画を再現するレゴの一連のゲームシリーズ。『スター・ウォーズ』はPS2でやるだけでは飽き足らず、PSPの輸入盤も手に入れちゃうくらいドハマリしたわけだけど、最新作は何と『指輪物語』!レゴも好きで『指輪物語』も好きな俺がやらないわけがない(笑)残念ながら国内盤がリリースされていないので、わざわざ輸入盤を取り寄せプレイしてみた。

Lego Lord of the Rings
Warner Bros. Interactive Entertainment
発売日:2012/11/13
販売価格:-

プレイしてビックリしたのは、今回のレゴは喋るってこと。今までのレゴ・シリーズではセリフは一切なくて、感嘆詞と身振り手振りだけで構成されていたんだけど、今回は実写版の台詞を取りこんでいて、映画の台詞をしっかり喋る。これは賛否両論だろうけど、既存のレゴ・シリーズ・ファンとしては映画に引きずられてパロディ要素が若干薄くなったのが不満。逆に映画ファンとしては、かなり忠実に実写版を再現しているので、大満足(笑)

で、内容はどうかというと、もう、さいっこうに面白い!レゴ・シリーズの常として、黙々とブロックを壊してお金集めたり、集めたお金でキャラクターをアンロックしたり。使えるキャラクターは旅の仲間の9人は当然として、全84種類!ロージーやゴクリ、ケレボルンやハルディア、ハマやギャムリング、敵ではサウロンやナズグル、サウロンの口やゴスモグ、更には映画ではカットされてしまったボンバディルやラダガストまで登場。もう、これだけで十分幸せ。

ゲームはホビット庄から始まって、粥村を通り、裂け谷・・・と、映画を完全再現。道中にはサムでなくちゃ火を起こせなかったり、アラゴルンでなきゃ足跡の追跡ができなかったりと、様々な仕掛けが準備されていて、都度操作するキャラクターを切り替えて進むのはレゴ・シリーズのお約束。ただ、収集要素は過去のシリーズよりもちょっと多い印象かな。

勿論、輸入盤なので日本語は収録されていないけど、英語字幕は表示されるし、そもそも映画の見過ぎで台詞が殆ど全部アタマに入ってるから問題なし。劇場公開時の「旅の仲間」は大量の誤訳問題もあったしね。ちなみにPS3は、輸入ゲームも国内版本体で問題なく動く。ただ、海外ソフトは「×」ボタンが決定で「○」ボタンがキャンセルとなることが多いんだけど、同一のゲーム内でその処理をプログラムで処理している場合と本体側に処理を預けている場合があるっぽい。なので、「×」ボタンで決定と画面には表示されているのに、その部分が本体側に処理を預けていたりすると、国内版本体の仕様に則って「○」ボタンで決定と逆転する時がある点だけ注意。

謎解きやアクションも子供でも十分できるレベルなので、『指輪物語』ファンならば、是非やらなきゃですぞっ!ちなみに、携帯機のVITA版もリリースされてるんだけど、こちらは一部ムービーやステージの構成等、内容が結構異なっていたりするのであった(両方買ったんかい 笑)

Flickr

Recommend

Links