TOTAL COUNT : Counter

Profile

Search


Twitter

Recent Entries

  1. PlayStation4
  2. クエイ兄弟 - ファントム・ミュージアム
  3. VAIO S11
  4. M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
  5. メインPCドライブ増設
  6. Sol Republic TRACKS AIR
  7. 馬肉会 at 馬肉バル 跳ね馬
  8. 2017.04.16 GOTHIC DJMIX
  9. Aphrodite ワンマンライブ Eveil de la conscience
  10. Sony Xperia X Compact SO-02J

Monthly Archives

2012/02/06

Biohazard 5

終わった、ようやく終わった。バイオハザード5。過去のバイオシリーズはWiiのアンブレラ・クロニクルズとかも含め全部やってきてるんだけど、今までで一番辛かったかもしれない。

Biohazard 5
CAPCOM
発売日:2009/03/05
販売価格:8,800円

本作はアフリカを舞台とした、シリーズ初のCo-opが実装された問題作。何が問題ってアフリカの大地を舞台としたもんだから、さんさんと照りつける太陽のおかげで恐怖感ゼロ。加えてCo-opの実装でさらに恐怖感ゼロ。もはや、バイオは初作のドキドキ感を失ってただのシューターと化してしまった感じ。

前作4から敵がゾンビじゃなくなって、プラーガやマジニといったより人間ライクな外見となっているのも、頂けない。人を殺しているようで後味悪いっていうか。しかも、今回のマジニは銃やら盾やらガトリングやらで武装してる(笑)もう、これバイオじゃなくない?

そんな感じで、俺の中では今回のバイオはかなり低評価。シナリオの稚拙さも目立つし、映画からパクってきたような演出もダサい。それでも、一応バイオのナンバリングなので、しぶしぶ進めて本編クリアでプラチナゲット。

で、こっからが辛かった。トロフィーを100%にするためには、本編だけじゃなくてDLCもやりこまないとならない。トロフィーのあるDLCは"LOST IN NIGHTMARES"、"DESPERATE ESCAPE"、"VERSUS"の3つ。

洋館を舞台にした"LOST IN NIGHTMARES"は本編、DLC通じて一番バイオっぽくて楽しめる。やっぱりバイオはこうでなくちゃ。

次の"DESPERATE ESCAPE"は本編以上にシューター。プロフェッショナルの難易度はもう異常なくらいで、CAPCOMの性格の悪さがよく出てる。プロデューサーが「ストレスを楽しんでもらうことを心がけて作りました」なんて言っちゃうなんて、本当にユーザが見えていない感じ。あれだけ世間でブームとなったスト?も難易度あげすぎて自らブームを終わらせてしまったし、モンハンでも細かくユーザをイライラさせる要素を散りばめているし、バイオも同様。そもそもストレス発散のためにゲームをやってるのに、そこでストレスを受けることを望んでいるユーザなんているわけないでしょ。本当にCAPCOMのこういうとこって嫌い。

そして、最後の"VERSUS"。これが最悪。バイオ本編のシステムを使ってオンラインで得点を競いあうミニゲームで、「基本的には」ユーザ同士で協力する"SLAYERS"と、「基本的には」ユーザで殺しあう"SURVIVORS"の2モード。だけど、各プレーヤーの攻撃は"SLAYERS"でも"SURVIVORS"でもどちらでも当たるので、結果、どっちも「殺し合い」になってるのが現状。しかも、オンラインで"VERSUS"をやっているのがまたタチの悪い人が多い。

こちらが死んだ後も延々ナイフで切り続けて「サンクス」を連発してきたり、負けそうになったら途中で強制離脱したり。あげくの果てには罵倒メールを送りつけてきたり。もう、どれだけ嫌な思いをしたか分からない。これのおかげで、俺は二度とオンライン要素のあるゲームはやりたくないって思った。バイオ6の発売が2012年11月22日と発表されたけど、オンライン要素があるならパスかなあ。


ようやくトロフィー100%達成。。。もうやりたくない。

Flickr

Recommend

Links