TOTAL COUNT : Counter

Profile

Search


Twitter

Recent Entries

  1. PlayStation4
  2. クエイ兄弟 - ファントム・ミュージアム
  3. VAIO S11
  4. M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
  5. メインPCドライブ増設
  6. Sol Republic TRACKS AIR
  7. 馬肉会 at 馬肉バル 跳ね馬
  8. 2017.04.16 GOTHIC DJMIX
  9. Aphrodite ワンマンライブ Eveil de la conscience
  10. Sony Xperia X Compact SO-02J

Monthly Archives

2011/05/07

Tokyo Dark Castle 74

今年のGWはカレンダー通りに休めたので、締めを飾るべくTokyo Dark Castleに行ってきた。前回行ったのは去年の9月のTokyo Dark Castle 67だったので、約半年振り。


フライヤー。


オープニングは勿論、AUTO-MOD。


ジュネの隣に!

AUTO-MODのライブを観るのは、『Celebration』がリリースされてからは初めて。で!上の写真の通り、『Celebration』に収録されていた「闇に消えし幼き君に捧げしアリア」の演奏で、何とラップ部分を担当していたHIROが登場!

AUTO-MODの歴史の中で、ジュネ以外の人がヴォーカルを担当したのはこの曲が初。それに加えてラップという音楽性を取り入れたのも初。それ故に、信者としてはアリアはかなりの問題作。まあ、細かいことを言えば、バジ・ワークシアター時代のラップ調の曲とか、ジュネティック・ブゥードゥー時代のカルメンマキとのデュエットとかもあるけど。いやー、でも、とりあえず白塗りのHIROが登場した時は本当にビックリした。


ギターの弦が切れるハプニングがあったP.I.M.P。


東狂黒。


4番手は既にお馴染み、BAAL。

今回、一番パワーを見せつけたのはBAALだった。思い起こせば俺はBAALの前身のCHRONOTRIGGER時代から彼らのライブを観てるけど、メロディアスな部分は残しつつも、随分とパワフルに、より攻撃的なサウンドになったと思う。フロアを盛り上げるライブパフォーマンスにも自信がみなぎっていたし、実際フロアの盛り上がりも本日一番だった。いやあ、バンドの成長を目の当たりにするのっていいね。


観るのは何年ぶり?なDEMONS。

前回ちょっと残念と思ったVJは、今回はイベント名の投射とかプレイ中のDJやバンド名を表示してて良かった。やっぱりイベント専用の映像が流れると、DJのかける曲との相乗効果で場の空気が一変する。そんなこんなで久々のオールナイトを満喫して今、全身筋肉痛でキーボードに向かっているのでした。うーん、本当に運動不足だなー。

Flickr

Recommend

Links