TOTAL COUNT : Counter

Profile

Search


Twitter

Recent Entries

  1. PlayStation4
  2. クエイ兄弟 - ファントム・ミュージアム
  3. VAIO S11
  4. M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
  5. メインPCドライブ増設
  6. Sol Republic TRACKS AIR
  7. 馬肉会 at 馬肉バル 跳ね馬
  8. 2017.04.16 GOTHIC DJMIX
  9. Aphrodite ワンマンライブ Eveil de la conscience
  10. Sony Xperia X Compact SO-02J

Monthly Archives

2002/11/10

カリガリ博士(1920)

阿佐ヶ谷にある居酒屋あるぽらんで行われた活動写真ライブで『カリガリ博士』を観てきた。

今回はとても豪華な組み合わせ。弁士はBSでもお馴染み、活弁の第一人者澤登翠、演奏は柳下美恵。上映内容は1928年の邦画、『血煙 高田馬場』と『カリガリ博士』。これはもう行かなきゃ損。

『血煙 高田馬場』はフィルムの大半が現存しないため、あっというまの上映。それでも失われた部分を繋ぐ澤登女史の活弁が冴え渡り、何故か話が分かってしまう。しかも、面白い。場内も大受けで、思わぬ拾いもの。

そして本命『カリガリ博士』。こちらも丁寧なアドリブと活弁に大満足。画面中に"Caligari"と出るシーンでの「カリガリだ!カリガリだ!カリガリだ!」という迫真の台詞回しは最高。ただでさえ怖い映画だけど、さらにゾッとする。場内が狭いこともあって、ライブ性を充分に楽しんだ。

Amazonで購入する

Flickr

Recommend

Links